こんな方に、いのうえこどもファミリー歯科はおすすめです いのうえこどもファミリー歯科はおすすめです
今やむし歯ゼロは誰でも手にいれることができる時代になりました。
にもかかわらず、こどものうちにむし歯になってしまうこどもが後を絶ちません。
むし歯になって苦労する前に、慎重にはじめての歯医者選びをしてほしいのです。
むし歯ゼロに導いてくれる正しい歯医者を選ぶことがまずは大切な第一歩です。
当院はむし歯ゼロをこどもにプレゼントしたいと願うご家族から支持されています。
なぜむし歯ゼロのこどもが続出するのか?!
それは私達が、こどものむし歯ゼロを達成することだけにターゲットを絞った診療をしているからなのです。 普通の歯医者さんは、大人のむし歯を治すことを主な仕事にしています。
むし歯を削って詰めたり、歯を抜いたり、入れ歯を作ったりと…。
実は、そのような大人のむし歯治療がほとんどの歯科医院では、小さなこどもが来院してもむし歯になりやすいかどうかのリスク評価ができていないのです。

お子様のむし歯リスクを判定しましょう!

私達は全てのこどものむし歯になりやすさのリスク評価をしています。
そのお子さんがどれぐらいむし歯になりやすいか?をわかって診ています。
そして、そのリスク評価をもとに、ご家族と一緒にむし歯ゼロの達成のための取組をします。 リスクの高い子は、そのリスクを下げる取組をしないとむし歯になります。
リスクを下げる対策をしないままでは、いくら定期的に歯医者に通ってフッ素を塗ってもむし歯になってしまうのです。
反対にリスクの低いこどもさんは、特別な取組なしでもむし歯にならないのです。
つまりむし歯ゼロを達成するための基本は「むし歯のリスク評価」なのです。
むし歯  Q&A
小さい兄弟がいるので落ち着いて話が聞けません。
いのうえこどもファミリー歯科ではスタッフがお子さまを、お預かりすることができます。

みたところムシ歯はなさそうなのですが、いつ連れて行けばいいですか?
むし歯は歯と歯の間からできてきます。
分かりにくい所ですから普通の方は正確にみることができません。
3歳までに一度はみせて頂くのがいいです。

フッ素って体に悪いと聞きました。
普通に使えば体に悪影響はありません。
フッ素に限らず何にでも当てはまるのですが、決まっている適量というものがあります。
適量を越えてとり過ぎると、副作用の問題が出てきます。
決められた適量を毎日使っていて、悪い副作用はありませんので、ご安心ください。

歯医者に行く、と声をかけるだけで嫌がっています。
歯医者さんは、歯を守ってくれるやさしい人だと何度も教えてあげてください。
そして連れてきてください。
それでも最初の1・2回は嫌がるかもしれませんが3回目以降でも来院を嫌がる子はほどんどいません。

シーラントやフッ素をしているとむし歯になりませんか?

シーラントやフッ素は予防としてとても重要です。
ただしそれだけで予防するのは不可能です。最初にしっかりリスク評価をすることが大事です。その子にあった予防法を実践することではじめてむし歯0を達成できます。
むし歯ゼロを達成するためにむし歯の3つのポイント
むし歯のリスクが高いと判定されても大丈夫。
リスクを下げてむし歯ゼロは達成できます! リスクを下げる取組は次の3つです。
1. 家庭で毎日フッ素をつかう
フッ素はむし歯を作らないために最も重要な手段です。 特に効果が高いのは毎日使う方法です。
フッ素のうがいを毎日することが簡単で効果が高いのでイチオシです。

2. 飲食回数を決める
時間を決めずにだらだら食べることがむし歯のリスクをあげてしまいます。 糖分を含んだ飲み物も飲食するのと同じです。 飲食時間・回数を決めることがとっても重要です。
3歳までは3回の食事と2回のおやつ。 3歳からは3回の食事と1回のおやつとなることを目指しましょう。

3. 仕上げみがきをしてあげる
小学校3年ぐらいまでは、仕上みがきが必要です。 お忙しいことは重々承知しておりますが、
こどものために ご家族の皆さんで協力して磨いてあげてください。


普通の歯医者では、むし歯を削って詰め物をします。

削ってしまった歯の運命
しかし、初期むし歯を削って詰めるとその歯はどんどん悪くなっていくことが決定です。
小学校のうちにむし歯で歯を削って治療してしまうと、50歳ぐらいで抜歯になってしまう可能性が高くなるのです。
削らなくて済むものなら、削らないことが歯の寿命を長くします。

正確な診断と、初期むし歯の進行を止めることは、いのうえこどもファミリー歯科の得意分野です。
いのうえこどもファミリー歯科ではとにかく削らないために一生懸命です。
初期むし歯なら、むし歯の進行を止めて、削らないで済むかもしれません。

予防歯科
矯正歯科

診療時間
休診日:木曜・日曜・祝日
祝日のある週の木曜日は診療しています
診療日カレンダー

いのうえこどもファミリー歯科からのお知らせ

2018/7/13 <夏期休暇のお知らせ> 
8/11(祝・土)〜8/16(木)の期間は休診とさせていただきます。
2018/6/6 メール予約の方法が変わりました!
2018/1/15 平素よりお世話になっております。
院長は2月から第1、第2土曜日の午後のみの診療に変更になります。
またこどもの具合などにより急なキャンセルをいただく場合もございますので、何卒お願い申し上げます。
なおそういった関係も含めて初診の患者様は馨之Drのみとなりますので、ご了承ください。
2017/12/8 フリーマガジン「ことまま」2017年11・12月号に当医院が紹介されました!
2017/9/11 院長は10月から土曜日の午後のみ診療復帰いたします。
2017/4/21 平素よりご愛顧賜りまして感謝申し上げます。
6月の第三週目より9月末まで、院長は産休に入らせていただきます。
尚、矯正治療(マルチブラケット以外)をはじめ、もちろん小児治療につきましては馨之Drも処置可能ですのでアポイントの際はご相談ください。
ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。

スタッフ紹介
いのうえこどもファミリー歯科ブログ
求人情報
現在、募集しています。
メディア掲載情報

PAGE TOP