治療の流れ

HOME >・治療のながれ>・小児歯科での基本的な流れ・大人の治療での流れ

小児歯科での基本的な流れ
初診
お口の中のチェック・・・お口の中の状態を把握するために
口腔内カメラを用いて撮影します。
磨き残しや歯ぐきの状態を見て、現状についてご説明いたします。

虫歯予防のお話をスタッフからご説明いたします。虫歯予防と健康のためにどのようにすれば良いか解決策をひとりひとりご提案します。

磨き残しを染めだして、お父さん・お母さんに衛生士指導の下で実際に仕上げ磨きをしていただきます。(9歳くらいまでは仕上げ磨きをお願いしております)

ダイアグノデント(レーザーの光を用いた検査)で歯が虫歯になっていないかチェックします!
(もちろん痛みも追加料金もありません)

小さなレントゲン写真を撮ってしっかり虫歯を確認していきます。

はじめて虫歯治療をするお子さんや就学前のおこさんには虫歯治療に向けてトレーニングを行います。

奥に大人の歯が生えている場合で初期虫歯の歯には、シーラントを行うこともあります。

万全を期して虫歯の治療スタートです!

虫歯の治療をスタートするまでに来院回数がかかることがありますが、虫歯の予防をしっかり理解いただいて実施してから治療をしなければ、虫歯はまたすぐに再発します。

治療後はメインテナンスにて虫歯のチェック磨き残しのチェック歯ブラシ指導フッ素塗布歯のミネラルパックを選択して実施いたしております。 一度歯医者で治療をしてしまえば、あとのメインテナンスは一日のみの来院で終わります。

※初診で痛みのある部分は応急処置しますが、基本的には治療は行いません。
 むし歯があるお口の中というのは、例えるなら火事がおこっている状況です。
 まず燃え広がらないように燃えやすい物(磨き残し)燃えやすい状況(食生活)を
 なくしてから火を消さなければ、火はどんどん広がっていってしまいます。
 ですから、まず予防指導させていただきます。

※お子さんの成長に合わせてすすめていきますので、
  治療までに2・3度トレーニングが必要となることがあります。

大人の治療の流れ
お口の中を徹底的に診査し、治療計画をたてます。
(レントゲン撮影・歯周病検査・お口の中の写真撮影を行います)

治療したところが長持ちする様、歯茎の状態をしっかり整えていきます。

大人の方のメインテナンスでは、
・虫歯のチェック
・歯周病のチェックと歯石取り、歯の表面の汚れの除去
そしてお子さんと同様に歯のミネラルパックを実施しています。

※初診では応急処置のみとなり、基本的に治療は行いません。
 これは、治療方法をしっかりご提案し、患者さんに納得して治療を受けていただきたいからです。
※お口の中の状態によっては歯石除去に麻酔が必要だったり、数回要することがあります。
歯のミネラルパックとは

歯の再石灰化(普段のお食事などでも歯の表面はわずかながらにも溶けています。
その溶けた部分をもとに戻すことです)に効果があるカルシウムの成分が含まれているペーストを塗ることで、 再石灰化をさらに促進して歯を強くしようというものです。

※牛乳由来の成分なので、牛乳アレルギーの方には使用できません

お気軽にお問い合わせください。電話番号0742-81-4173

スタッフ紹介
いのうえこどもファミリー歯科ブログ
求人情報
現在、募集しています。
メディア掲載情報

PAGE TOP