子供の受け口治療

HOME >・治療について>・矯正治療>・子供の受け口治療

ほうっておいたら、どのようになるの?
受け口は早い時期から治すことが大切!

受け口は大人なってから治すより、子どものうちに治療を始めると完璧に治る可能性も十分あり、骨格や歯並びがきれいに治ります。
治療をしないでそのままで生活していても、自然に治る可能性は難しく、あごがしゃくれていきます。あごがしゃくれてしまうと手術でないと治すことができなくなります。 子どものうちに受け口を治せば手術をしなくてすむ可能性が高くなります。
受け口の治療はいろいろな方法があります。
治療について 小児歯科
受け口の症例

症例写真には無断転用を禁止する目的で「いのうえこどもファミリー歯科」の
文字を記載しています。ご了承下さい。

子供の矯正はどこで受診したらいいの?

矯正治療といっても大人の矯正と子供の矯正では大きく治療方法が違います。
矯正歯科の中でも子供の矯正治療に詳しい矯正歯科を選ぶということが重要です。特に難しい受け口の治療はより専門の医院での治療が大切です。当院では子供の受け口矯正に力を入れております。
低年齢からの矯正は歯並びを治すだけでなく骨格から治すので、顔立ちが美しくなり、全身の健康に期待できます。
治療について 小児歯科

子どもの受け口でお悩みのご家族の方へ

受け口は自然に治ることがほとんどありません
当院では低年齢からの治療をおすすめしています。
なぜなら大きくなってから受け口を治療する場合は、外科手術が必要になる可能が高くなるからです。

発音に問題が出ることがあります
うまく発音しづらい受け口は、相手に伝わりにくいしゃべり方になっていることがあります。特に「サ行」や「タ行」などに影響が出やすく、舌足らずな話し方になることがあります。
また噛み合わせが悪くなり食事を正確に噛めないなど、さまざまな影響が出ることがあります。

受け口をそのままにしておくと、下あごが成長しすぎてしまう可能性も
思春期に身体が大きく成長する時期に、下あごも急激に成長します。子供の頃に反対咬合の治療をせずにそのまま受け口が改善していないと下あごが成長しすぎてしまうリスクが高くなります。
低年齢から受け口治療はお子さんの負担も少なく、上下のあごの成長をコントロールした治療をおこなうことができるので、なるべく早めにご相談ください。

受け口の原因について
受け口になる原因は、「遺伝」や「癖」などが考えられます。
赤ちゃんの時の偏った寝かせ方によって、顔のゆがみが原因となることもあります。癖や片方の歯ばかりで噛んだりする噛み癖、頬杖なども関係します。
治療について 小児歯科


骨格が原因の受け口
骨格が原因の受け口には3つ考えられます。
1. 上あごの成長が足りない
2. 下あごの成長が過剰
3. 上あごの成長不足と下あごの成長が過剰
治療について 小児歯科


上あごの成長が十分でない場合、下あごが成長しすぎて受け口になります。そして下あごが成長しすぎると、上下の前歯の噛み合わせが逆になると、上あごの成長が抑えられてしまい、下あごはさらに前に成長します。
「上あごの成長を促進すること」と「下あごの成長を抑制すること」が子供の受け口の治療でもっとも大切なことです。この考えは、遺伝性の受け口でも骨格性の受け口でも同じです。

骨格が原因の受け口の治療を始める時期は、3才頃からで少しでも早く始めることをおすすめします。
マウスピース治療

使用方法

子供用マウスピース矯正の特徴

表示価格は、消費税込みです。

診断料 1期治療時
成人矯正(永久歯列)
16,500円
33,000円 
※矯正する・しないにかかわらず診断料の返金はありません。
(予約は2回。レントゲン撮影、歯の型取り、写真撮影、治療法のご説明)
I期治療(8歳までにスタート)
528,000円
II期治療(I期治療終了後) インビザライン
330,000円〜
全額矯正(インビザライン)
抜歯症例でインビザラインとワイヤー併用
880,000円
990,000円
※月々の調整料込
※4カ月ごとのむし歯のメンテナンスにも来院をお願い致します
乳歯の反対咬合(受け口)
66,000円
全額矯正の場合 初回33万 残り最大24分割(約27,500円)
1期治療(インビザラインなし) 初回11万 24分割(14,575円)
1期治療(インビザラインあり) 初回22万 24分割(約15,070円)
5回以上の分割は別途書類が必要です。
手数料などはありません。


お気軽にお問い合わせください。電話番号0742-81-4173

PAGE TOP